キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保、法人は利用できる? : 不動産担保ローン簡潔情報

不動産担保、法人は利用できる?

不動産担保、法人は利用できる?

不動産担保ローン簡潔情報

不動産担保は法人でも個人でも利用できるのですが、問題は書類の違いです。

不動産担保、法人は利用できる?

不動産担保はまとまった資金が必要というときにとても便利な借入です。

所有している不動産があれば、その不動産に見合った資金を借りられます。

この不動産担保ローンについては、個人以外、法人も申込ができる場合が多く、不況の世の中です、もちろん法人も不動産担保を利用してまとまった資金を借入するという事が多いでしょう。

法人が不動産担保を利用する場合、個人の場合と書類が少々違います。

法人登記時効証明書、代表者本人確認書類、またこれに加えて収入照明として決算書や確定申告書など一般的には3期分必要とされます。

またこれ以外に不動産担保ローンに必要な抵当権設定を行うために、住宅地図や不動産についての登記時効証明書、公図なども必要となります。

個人とは用意する書類に違いがありますので、必ず金融機関担当者に、どのような書類が必要になるのかを確認しておく必要がありますね。

今月のPICK UP!!