医療レーザーが原因の肌荒れというよりも、肌荒れの皮膚が起因となる事例が多くあります。

事前の保湿で改善させておきましょう。

髭の再生率は5%程度あります。

★肌荒れは自分の肌の状態で決まる。

医療レーザーで髭の永久脱毛を行うと肌荒れが起きることがありますが、素地の状態によっても症状がかわってきます。

乾燥肌、ニキビ肌、アレルギー性鼻炎などを患っている人は、それ自体が肌荒れと同じ状態なので、レーザーによって上乗せされてしまう可能性はあります。

医療脱毛の予定があるなら、今日からでも肌の保湿を本格化させましょう。

★保湿ケアで肌荒れを改善させておく。

保湿剤は季節によって肌の滞留時間が違ってきます。

乾燥しやすい冬場ならクリーム状のもの、春先はジェル状のもの、夏場ならリキッド系のものが効果的です。

乾燥して肌荒れを起こした状態で医療レーザー(永久脱毛)に臨むと、肌が敏感になっているので痛みが増します。

カウンセリングの段階で医師からもアドバイスがあるでしょう。

肌荒れはレーザーだけが原因ではなく、その人の肌質・素地に起因します。

★レーザーの永久脱毛で肌荒れが起こるのは素地に問題があるから。

髭の再生率は5~8%あります。

髭剃り無用にはなりません。

医療脱毛(永久脱毛)で医師からアドバイスを受けたことで、肌荒れの危険性や保湿ケアの重要性を再認識する男性が多くいます。

普段からケアの行き届いた男性の脱毛であれば肌荒れの危険性は少なくなるでしょう。

また脱毛後の髭再生率は5~8%あります。

髭剃り無用にはなれませんが、髭剃りが原因の肌荒れは改善されます。